« 紅白ならぬ紅黄? | トップページ | 乾杯~! »

2006年12月29日 (金)

菜乃花の2006年

2006年5月19日出生後~12月31日

01_1

 

2006年5月19日に

生まれた女の子。

菜乃花と命名。

親友のTさんに書いて頂きました。

02

出生直後より心臓と気管支の病気があり人工呼吸器をつけていました。

はじめてのお友達の

『うーたん』です。

03

6月7日無事手術を終え、目を開けた菜乃ちゃん。

6月13日初めて、ママの母乳を味わっています。

04

6月22日初めてママに抱っこされて、甘えた表情の菜乃ちゃん。

05

うるうるした表情の菜乃ちゃん。

この頃から、だんだんと表情が豊かに。

06

まだ笑わないけど、ご機嫌の菜乃ちゃん。

07

7月7日パパが初めて抱っこしました。

08

「あい~ん」ってなポーズで寝ています。

でも、「可愛いなぁ」とも言ってられないのです。

菜乃花はいつも上を向いて寝ますが、これは、呼吸が苦しいから気道を広げようと上を向いているのだと思います。

あくまで、推測ですが・・・

09

7月16日、カンガルーケアーが始まりました。直接ママと赤ちゃんが肌を触れ合うスキンシップです。

10

7月29日、退院の予定だったのですが・・・

11_1

どうやら心臓の手術のときに左の横隔膜の神経を傷つけており

8月2日横隔膜の手術を行いました。

121

8月11日退院しました。

主治医の先生に抱っこされています。

13_1

岡山のママちゃんの実家で、お姉ちゃんとお兄ちゃんと楽しいひと時。

14_1

9月1日、ママちゃんが美容院行く為に、パパと菜乃ちゃんで、初めてのお留守番。

いっぱい目でお話したよね。

15_1

 

酸素ボンベ背負って、お出かけもしました。

この時はパパのお父さんお母さんもきて大勢に囲まれてたね。

16_1

9月10日『お食い初め』です。

「ママばっかり食べてるよ」って、言ってるのかな?

17_1

9月18日、この頃から指しゃぶりが得意になり、両手の親指を口に入れる大技まであみ出しました。

18_1

パパと離れ離れだけど、やさしいお姉ちゃんと、お兄ちゃんと一緒だからさびしくないね、菜乃ちゃん。

19_1

9月29日、初めて笑顔を激写。

「あはっ、あはっ」って笑います。

20

9月22日、パパとママには思い出深い洋服を着せました。

この服は、出生直後菜乃花がしんどい時に元気になる姿を思い浮かべて買った服です。

似合っているよ菜乃花。

21

10月17日、菜乃花呼吸停止で緊急入院しました。

ママの人工呼吸で、菜乃ちゃんには何のダメージもなくすみました。

22

10月31日、手術を待つ菜のちゃん、ママが付き添いしていたのだけど、部屋はテレビもなく、ママを独り占めの菜乃ちゃん。

ご機嫌です。ご機嫌なときは舌をペロッとだします。

23

11月22日肺動脈と気管支の癒着部分をはがす手術をしました。

再び人工呼吸器の力を借りています。

24

12月13日気管切開をした後の菜乃ちゃんです。

しばらく人工呼吸器の力を借りるために、菜乃花本人が楽に呼吸する為の処置です。

25

12月25日の菜乃ちゃんです。

手術後、また、良い表情をするくらい元気になりました。

26

ママちゃんお手製のバンダナ。

でっかいリボンが可愛いでしょ。

 

 

こんな感じで、1進1退の1年ですが、菜乃花をはじめ私達家族は、皆から応援していただき、愛を頂き、とても幸せな家族だと思います。

ありがとうございます。

今後も温かく見守っていただけたら幸いです。

      2006年12月31日 記

             菜乃花・菜乃ちゃんママ・菜乃ちゃんパパ

|

« 紅白ならぬ紅黄? | トップページ | 乾杯~! »

コメント

大変な山が有りましたが、見守る事しか出来ませんが、
頑張って下さい。元気に育って欲しいと願うだけです。

報告のこの日、ジブンの子(もう大きいのですが)誕生日です。
何も解らずに生まれた子を寒い冬風邪引かない様にと育てた事を思い出します。

投稿: AKIRAgts | 2006年12月30日 (土) 03時49分

こんにちは!

全てお写真を拝見させていただきました。特に私の胸に感じたのは、SatoMixご夫妻の菜乃花ちゃんに対する『無常の愛』です。

また、ご夫妻だけでなく親戚の皆さんにもこの上なく可愛がられている様子がまた温かい気持ちにさせてくれました。

同じような経験もなく、家族すら持てない自分ではあまりに役不足ですがSatoMixご家族を応援していますよ!!

来年も良い一年になることをお祈りしています。

投稿: まるじ | 2006年12月30日 (土) 03時52分

AKIRAgtsさん、まるじさんコメントありがとうございます。
実際こうやってブログに書いている内容を見ると、菜乃ちゃんパパ、大丈夫そうでしょ?でも、実際は心の中で何度不安が爆発しそうになったことか・・・
でも、格好つけて言うわけでありませんが、こうやって頂けるコメントに何度心を救われたか・・・
どんなすばらしい文句を言って頂けたか、という訳ではなく、コメントを頂けるということ自体に、人の心の温かさが、心にしみました。これは、こういう立場に立った人にしかわからないかもしれません。
だからこそ、そんな温かい人の気持ちに応えるため、悪い報告をするときは、かなりしんどい時もありますが、こうやって文章におこしています。
中には「身内の不幸を載せるなんて」と感じる人がいるかもしれませんが、前述の事情を知っていただき、納得していただけたら幸いです。
『菜乃ちゃん家』は温かく見守ってくれる人がいる限り、報告することが恩返しだと想い、頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

投稿: 菜乃ちゃんパパ | 2006年12月31日 (日) 00時28分

今日、初めてブログ見ました。パソコン初心者なので、ちゃんと届くか心配。。今、菜乃チャンパパから届いた写真を見ながら書いてます。一日でも早く家族三人また一緒に笑顔で写真を撮れる日が来るよう願ってます。本当に。。私は今、ブー助という犬(フレンチブルドック)を我が子のように可愛がり、一緒に生活しています。子供ができるって本当に不思議。。そのことだけでも神秘的でありがたいこと。その結果生まれてきた菜乃チャンて本当に尊い存在。今、菜乃チャンは頑張ってるんだよね。パパ、ママ、菜乃チャンの頑張りに答えてやってね。ありきたりの事しか言えないけど。。影ながら三人の幸せを祈っています。いつも支えている友達がいますよ。。

投稿: じゅんこ | 2007年3月28日 (水) 23時13分

じゅんこさんありがとう。
応援してくれている友達に報告することが義務だと思って書いているブログだけど、実際に知っているお友達からコメントをもらうと、うれしくもあり、はずかしくもあり・・・
本当に、ありがとうね。

でも、ある意味すごく幸せな家族かも・・・
今回の体験で家族の絆はどんどん深まるし、お友達からも温かいコメントいっぱいもらってるし。
2月頃には横浜に転院する予定(医療チーム同伴で飛行機乗るんだよ)。
病院名はブログなので伏せておきますが実習でお世話になった病院です。まだ確定ではないけどね。
これからが、パパの器が試されるとき、ママの心労をいかにやわらげられるか・・・

頑張ります!引き続き応援よろしくお願い致します。

投稿: 菜乃ちゃんパパ | 2007年3月28日 (水) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/72342/4722077

この記事へのトラックバック一覧です: 菜乃花の2006年:

« 紅白ならぬ紅黄? | トップページ | 乾杯~! »