« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »

2006年12月22日 (金)

メリークリスマス

12月22日の寡黙な記事? (読み方わかるかな?)

Photo_119

菜乃ちゃーん、パパちゃんが送ったクリスマスツリー気に入ってくれたかな?

菜乃ちゃんにとっては初めてのクリスマスだね。

パパちゃんも遠くから菜乃ちゃんのことを考えながら聖なる夜を過ごすことにするよ。

菜乃ちゃんが目をつぶったら、パパちゃんが見えるように、念力を送りながらね。

いっぱい、いっぱい笑って、ママちゃんを喜ばせてね。

パパちゃんは、菜乃ちゃんも好きだけど、ママちゃんの笑った顔も好きなんだ。

菜乃ちゃんは、パパちゃんから受け継いだ笑いのセンスがあるはずだから、頼んだよ、菜乃花。

「パパちゃーん」って言っているのかな?

だといいなぁ~。

今日は特別な日。

好きな人に、好きだと伝える日。

だから

ママちゃーん

菜乃ちゃーん

大好きだよー 

」(*^O^*)L

Photo_120

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

戯言

12月20日、菜乃ちゃんパパの戯言

Photo_117 菜乃ちゃんパパは、夜勤の帰りなどで、天気の良い日の夜は、星を見上げてボーっとしたりすることがあります。

皆さんはキラキラと輝く星空を見上げてどのように感じるでしょうか?

憧れにも近い気持ちで「きれいだなー」って感じませんか?

最近、「菜乃ちゃんに沢山感動を与えたいなぁ~」なんて考えて、「もし菜乃ちゃんだったらどの様に見るんだろう?」って考えることがあります。そんなことを考えながら日常の景色を見ていると結構面白い発見がありますよ。

例えば通勤時間の道路。いつも、見上げてばかりの空から、逆に見下ろしたらどのように見えるんだろう・・・きっと、『天の川』みたいに見えるのではないか?なんて想像したり・・・

まぁ、何が言いたいのか自分でもわかりませんが、一応深い意味を込めました。答えは人それぞれ・・・何かを感じていただけたら本望です。

菜乃ちゃんパパの戯言に付き合っていただいてありがとうございました。

 

 菜乃ちゃん、パパとママを選んでくれてありがとう。

 ママちゃん、菜乃ちゃんを可愛く産んでくれてありがとう。

 

パパとママといっぱいお出かけしようね、菜乃花。

Photo_118

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »